top of page
検索
  • 執筆者の写真KB 担当

小物の不用品買取で注意すべき点は?小物はまとまった数が必要!

不用品の買取を依頼する際、食器やおもちゃといった小物類はどうなるのでしょうか。 実は買取が可能なものの、注意すべき点がいくつかあります。

  • 不用品の小物って一体どんなものが対象?

  • 査定額がつくかどうか知りたい

小物類の不用品回収を考えているとき、上記のような疑問を持つこともあるでしょう。 そこでこの記事では、「小物の不用品買取で注意すべき点」についてまとめました。 初めて小物の不用品買取を依頼する方も、記事を読めば注意点がよく分かります。ぜひ参考にしてください。

小物の不用品買取はどんなものが対象になる?注意すべき点について

小物の不用品買取は、対象品がある程度定まっています。 また何でも買取の対象となるわけではないため、事前に問い合わせが必要です。 問い合わせ次第では対象とならないものでも、柔軟に対応できる場合があります。

不用品小物の対象品について

不用品小物の対象品は、下記のようなものです。

  • 釣具

  • 食器

  • カトラリー

  • 玩具

  • ぬいぐるみ

一般的に不用品は、家電や家具・ブランド品や楽器、電動工具、貴金属がジャンルとして対象となっています。 買取商品を限定した専門店を除き、一般ジャンルに当てはまらない小さなものは「小物」として扱われることが多いです。 上記に挙げた小物も一例であるため、実際にはもっと多くのものが対象品目として該当するでしょう。


小物買取は査定額がつく?

小物買取は、多くの場合あまり査定額が付きません。よくて回収費用を払い、処分してもらうような形になるでしょう。 非常に価値のある小物を除き、一般的には再販しても価値がつきにくいものばかりです。 そうなると回収業者のほうでも、費用を払って適切な場所へ処分しなくてはなりません。あまり査定額はつかないものと思っておくと良いでしょう。 ただし当社では、小物品も無料引き取りの対象となっています。 事前に要査定、要問合せとなっておりますので、気になるものがありましたらお気軽にご相談ください。

小物買取を依頼する際の注意点

小物買取を依頼する際は、業者によりある程度買取の基準を設けていることが多いです。 当社の場合、買取は一点ごとに行われません。ダンボール1つごとに査定、といった流れになります。 また査定がつかない場合でも、無料引き取りとさせていただきますのでご安心ください。 事前にご相談いただければ買取の判断も、柔軟に対応できる部分もご説明できます。 気になる商品がある場合は、お問い合わせ窓口よりご連絡くださいませ。

小物の不用品買取で高額査定を狙うには?ポイントを3つご紹介

小物の不用品買取でも、高額査定を狙うコツはあります。 この項目ではポイントを3つご紹介しますので、高額査定を狙う方はぜひ参考にしてください。

年式や型が新しくキレイな状態

基本的に発売してまもなく、新品に近い状態であれば査定額も上がりやすいです。 査定に出す小物の年式が新しければ、できるだけ早い段階で査定へ出してしまいましょう。 またキレイな状態を維持している場合も、査定額が上がる傾向です。 多少汚れていても、事前にクリーニングできる箇所は自分で清掃してみてください。

付属品が揃っていて欠品がない

小物品であっても、付属品があれば再販時の価値は高まります。 もし説明書や箱があれば、一緒に査定へ出しましょう。欠品があると、その分だけ査定額が下がってしまいます。 いくら価値のあるものでも、欠品のせいで動かせないものがあれば不動品です。査定時は無料引き取りの対象となるか、場合によっては有料引き取りになる可能性もあります。 できるだけ付属品は揃えておくと良いでしょう。欠品もできるだけないよう、事前にどこかへしまっていないか確認してみてください。

できるだけまとめて査定へ出す

基本的に査定時は、まとめて査定へ出すと査定額が上がりやすいです。 業者によってはまとめて査定ボーナスを実施しているところもあるので、可能な限り査定する品目数は増やすようにしてみてください。 とくに当社の場合、小物はダンボール1つ単位で引き取りの対象となります。 個数が増えるほど査定額が上がり、小物に対する査定も増額する可能性が高いです。 不用な小物があれば処分する機会に、まとめて査定へ出してみましょう。

まとめ:小物の不用品買取を依頼するならまとめて査定へ出そう!

小物を不用品買取へ出すなら、まとめて査定へ出してみると良いです。 その際には付属品をできるだけ揃え、欠品がないようにしてください。付属品が多ければダンボールの専有面積も多くなり、結果として査定額の増額にもつながります。 ただし品目で対象となるか不安な場合は、事前に相談をしましょう。場合によっては柔軟な対応ができることもございますので、お気軽にご連絡くださいませ。


——————————————————




買取ブルドック


【わかりやすい説明&丁寧な対応が好評】


長崎の出張買取・不要品買取・遺品整理・空き家整理など


なんでもお任せください。




長崎の出張買取でクチコミ高評価いただいております




✔️遺品整理士


✔️古物商


✔️女性スタッフ


✔️海外輸出


✔️時間外対応



長崎の出張買取・遺品整理「買取ブルドック」

📣公式LINEやってます📣


フリーダイヤル

Tel : 0120-67-5350

[営業時間] 9:00~21:00

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遺品整理で捨ててはいけないものとは?なぜ捨てたらダメなの?

遺品整理を考える際、捨ててはいけないものがあるのをご存知でしょうか。 知らないで破棄してしまうと、のちのち手間が増えてしまう場合もあります。 遺品整理で捨ててはいけないものを教えて欲しい どういった対応をすれば大切なものを見分けられる? 遺品整理で捨ててはいけないものがあると知った際、上記のような疑問を抱くこともあるでしょう。 そこでこの記事では、「遺品整理で捨ててはいけないものと捨てないようにす

遺品整理はいつから始めればいい?適切なタイミングと注意点について

遺品整理は一体いつから始めるのが適切なのでしょうか。 一般的なタイミングと、最適なタイミングに分けてお伝えしていきます。 最適なのは気持ちの整理がついたとき 遺品整理を始めるタイミングとして最適なのは、「気持ちの整理がついたとき」です。 もし自身の大切な方が亡くなったとき、気持ちの整理がつかないまま遺品整理をすれば余計につらくなってしまうでしょう。 そのような状態では普段の生活にも支障をきたす恐れ

長崎の生前整理について

生前整理は、将来的な遺品整理をスムーズにするだけでなく、自らの生活を見直す大切な作業です。 しかし、意外と知られていないのが、生前整理にも費用がかかること。 特に、プロに依頼するとなると、それなりの費用が発生します。 買取ブルドックが皆さんに教える生前整理の費用と、その節約術について詳しく解説します。 1. 生前整理の基本費用 コンサルタント料金 プロのアドバイスが必要な場合、生前整理のコンサ

Comments


bottom of page